スポンサーサイト

--年--月--日 - カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



今日は晴れた日

2011年03月20日 - カテゴリ:日記
昨日は外がとても暖かく、気持ちの良い日となった。

災害のあった東北地方では、冷え込む日が続いているようだが、こちらはそれほどでもないようだ。

久しぶりに公園に散歩に行った。比較的大きな、ちゃんと清掃等の整備がされている公園で、週末になると家族連れの人でいっぱいになる。昨日も、例にもれず、多くの人だかりだった。

砂場には大勢の子どもが陽気に遊んでいた。ふと見ると、4,5歳くらいの子どもが、「津波が来た~」といって、何回も砂をすくっては、砂場の縁の段差に向かって投げつけていた。その子どもにとっても、今回の大災害は大きなニュースになっているのだろう。でも、その悲惨さを想像するには幼すぎるようだ。

上記は子どもの無邪気と片づけられるが、千葉県の松戸市では、震災の募金活動をしていた高校生に因縁をつけて、殴るなどの暴力を働いた若者がいたようだ。だれに許可をもらって商売をしている、などと言いがかりをつけ、暴力をふるった挙句、金を奪って逃げたらしい。

この男が募金活動の金と知っていたのかそうではなかったのかは分からない。どちらにしても罪は罪であるが、もし、募金の金と知ってこのような行為を働いたのであれば、この男は果たして人間としての尊厳を未だ保っているのだろうか。

赤十字社などの偽サイトを設置して、募金を騙し取ろうとする者は、さらに罪深いといえるだろう。私たちも気をつけなければなりません。間違って、こういった詐欺に引っ掛かると、自分達の好意が台無しになるどころか、犯罪者の行為を勢いづかせることにもなる。自分達の募金が新たな犯罪に使われることだって考えられる。

こんな折、イチローが赤十字社に1億円寄付した、というニュースを読んだ。普段、イチローは自分がしたボランティア行為が公表されることはあまり好まないと記憶している。バウ企画の代表によると、今回は特別にみんなを元気づけるためにあえて公表を許可したらしい。なお、イチローはコメントを控えた。言葉よりも態度で示すイチローらしい。

荒んだ人の心の闇が具現化したような記事を読んでいると、イチローの行為のような、さりげない、しかし色んな意味で大きな活動を知ると、とてもほっとするし、勇気をもらえる。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。