東北地方太平洋沖地震

2011年03月11日 - カテゴリ:地震
今日、2011年3月11日(金)、午後2時46分ごろに起こった大地震の名称が決定された。
「東北地方太平洋沖地震」というそうだ。

私が知ったのは、4時を過ぎていたころだと思う。それほど、こちらの被害はあまりなかったということだが、思い起こせば、少し前に若干のふらつきを感じていた。ここ2,3日セキが出て風邪気味なので、その影響かもしれない、とその時は思っていたのだけれど、今思い返せば実は地震のせいだったのかも知れない。いや、事実そうだったのだろう。

ニュースを見ると、辺り一面が水浸しになった地域の映像が映し出されていた。所々、火も上がっているようだ。別の映像では、うねったような大きな濁流が、多数の車を飲み込み、押し運んでいる様子が映されていた。洗濯機に落とされたミニカーのように、車がそのサイズ如何に関わらず軽々と運ばれている。比較的大きな民家のような建物でさえ、この自然の猛威には抗うことができず、流されている様子が映された。不謹慎かも知れないが、映画のワンシーンのようでもある。

テレビは、すべての放送局が特別報道番組を流している。航空映像、倒壊や津波の様子、死亡者数、街の人々の様子、交通機関の状況、屋内の揺れの映像、まさにあらゆる角度から、あらゆる手段を講じて、この大地震の惨劇を伝えようと躍起になっている。一方で、株式市場は、地震が起こった直後くらいから、株価が暴落していた。

私が住んでいる場所といえば、電気は問題なく点くし、ガス・水道も普段通り。まったく地震の影響はない。同じ日本なのに、反対側の惨状とは全く異なる状況だ。被害に遭った人の苦痛や苦労は想像できるけれど、共有することはできない。しかしながら、この何の変哲のなく刺激の少ない日々の価値を再認識できる。被害に遭った人々の苦難が少しでも早く癒え、地震の被害が早期に回復されることを祈る。